JUNE

雨、それは人にとって必要な運び、人の気持ちを陰鬱にさせるもの。 雨は嫌だ。でも雨は降らないと困る。矛盾だ。 「……涼」 雨の降りやまぬ空を窓ごしに見上げながら夢子が声をかける。 「何? 夢子ちゃん」 「ちょっと雨とめてきなさいよ」 「無茶言わないでよ(苦笑)」 「できるでしょ? あな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーニングコーヒー

「ん……」 目に入ってくる日差しで目が覚める 「ここは……」 あたりを見回す。見慣れたデスクに書類棚。 (ああ……あのまま事務所で寝ちゃったのね) 「おはよう、律子」 ふいに後ろから声をかけられる。 「げ、プロデューサー」 「げ、とはひどいな」 苦笑しながら北川が言う。 「しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DANCE M@STER

「秋月涼は化け物か!?」 そんな声がスタッフから漏れる 無理もない アイドル歌手の三要素として問われている歌唱力、踊り、ビジュアル その踊りに重点を置いた人気番組「DANCE M@STER」 その番組の中にとある曲を一回だけ聞いて、創作ダンスを披露し、勝敗を決めるコーナーがある ……現在秋月涼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告知2

http://idolmaniax.info/ 3月22日(月・祝) 都立産業貿易センター(浜松町館)で行われるアイマスオンリー即売会「THE iDOLM@NIAX Ⅳ」にサークル参加いたします サークル名「俺がるむでDA」 ブースA21です。本はアイドルマスター×ボンボン餓狼(餓狼歩本)とりょうゆめ本を扱う予定です。小説で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじまりは突然に

「ラジオ?」 「そう」 「何の?」 「876プロの?」 「なんであなたが疑問系で話すのよ」 「癖?(ニッコリ)」 「……」 こんな感じではなしは突然やってきた まさに青天の霹靂だ 私の名は桜井夢子 元Bランクアイドルで……今は一から出直し中のEランク 何故出直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VT

「で、夢子ちゃんは誰かにチョコあげるの?」 「はあ?」 二人でやってるラジオ番組の休憩中。 目の前の男がそう聞いてくる。 「普通そういうこと聞く?」 「あ、だめだった?」 確かに今日はバレンタイン……そういう話題もすることもあるだろうけど。 でも男女の会話じゃない! (と言うか、私があげるのはあなた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真実

「……え?」 その場にいた誰もが聞き返した それだけあずさの口から出た言葉が意外だったからだ 「え~と~……」 「本当にそれだけなの? あずささん」 「それだけって……まことちゃん、ひどい~」 「ああ……ごめんなさい。予想外の答えだったんで」 真が苦笑いを浮かべる 「……失恋」 「北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告知

今冬のコミケで委託で同人小説を出すことになりました …まだ製作途中ですがw 内容はコミックボンボン×アイドルマスター。ニコニコ動画でご活躍中のボンテリP作、「春香と小鳥の暇つぶし」を元ネタに作らせてもらってます あとはこれはできたらですが、秋月涼×桜井夢子が追記できたらなあと妄想してる段階です 冬コミ3日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもの帰り道

「ふーん」 「そうなんだ」 「はいはい」 学校から家路への途中 彼女の返事は気のないものばかりだ (興味なさそうだな…) 「それで?」 先を促してくる ただ西日に映し出される顔はなんとなく興味がないふうだった 「寧々さん、もしかしてつまんなかった?」 「どうして?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎のエルボー

燃え上がるエメラルドグリーン 緑は本来落ち着く色であるが、この緑は少し違う 見る者を熱くさせ、燃え上がらせる緑だ 激闘を戦い抜いてきたひじは色々な傷を持つ それだけの歴史を紡いできた 今日も黒いサポーターをまとい、その一発が放たれる 方舟はその遺影を抱え今日も航海に躍り出る 新し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

en~artificial amulet~ #10

「…以上が今回の防衛作戦の全プランです。何かご質問は?」 ドメル王国の首都ジェバンニの中央部に位置する要塞 この地下でドメル王国軍の幕僚達が今回の戦争に対する最終防衛計画を話し合っていた そしてそこには普段いないはずの人物も… 静寂のまま終わるかに見えた会議であったが、一人の老人が手を挙げる 黒字の生地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追憶への飛翔

薄暗いホール その真ん中にある四角いリングの中ですすり泣く人がいた その人は小柄な女性…青い髪、まとうはレオタードのようなリングコスチューム 手にしたマイクを通じて声が漏れる 「夢を…見ていました」 リングの周りにはたくさんの観客、ファン 女性の一言一言に耳を傾けていた 「でも…夢はいつか…あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表裏

焚かれるフラッシュ 憔悴しきったフラッシュを浴びる側 しかし質問の答えにははっきりと"否"をつきつける まったくのねつ造 事実無根 それが三浦あずさの下した結論 「…どうして何も言ってくれないんですか?」 「…」 下をうつむいて黙ったままのあずさ 髪が顔にかかっていて、表情は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P

きっかけはなんだったけか… そうそう、たるき亭で相沢と飲んでたら突然「ティンときた!」とか言われたんだっけ 二人とも卒業間近だと言うのにこの就職氷河期、なかなか内定がもらえない中でのいきなりのスカウト しかもアイドルのプロデューサー(笑) 正直この人大丈夫か?とか心配になったよ(苦笑) なんだかんだとと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公式の妙

『ローソン』 その言葉は褒め言葉などではなかった 服装がローソンの制服に似てるから 安直な悪口だ 私はそう思っていた いや、思うようにしていた ただの蔑称だと 愛称なんかではないと 「名誉店長の仕事を取ってきたぞ」 耳を疑った この人は私がこの言葉をどう思って聞いていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千早の蒼い鳥日記♯1

「じゃあ荷物ここに置いとくね~」 「ありがとうございます」 日本から持ってきたたくさんの荷物をどうということもなく置いていく仁後さん 「じゃ、何かあったらこの番号にかけてね。…出ないこともあるけど(笑) 明日は9時に迎えに来るから」 「分かりました」 バタンとドアが閉まり、部屋には私一人となる (…こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

en~artificial amulet~ #9

「お~、誰かおもたらリノやないか~」 「あん?」 夜の野営地の端っこで目の細い魔道師と一緒にボーっとしていた赤い髪の女剣士(=リノ)になれなれしい声がかけられた それは以前にもどこかで聞いたことのある… 「なんだレーニか」 「なんだとはご挨拶やなあ。ひっさびさの再会やゆうのに」 その馴れ馴れしく声をか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RMD'sオリジナル「声ヲタ日記、3」

「しかしほんとでかいな、これ」 大阪、名古屋という形で遠征したアイドルマスター歌道場のお渡し会 その特典としてもらったのがB全ポスターなのであるが… 知り合いに郵送しようとして名古屋中央郵便局で筒の入れ物を買ったのだが、一つじゃ入らず二つつなげるはめにw 大阪から名古屋への移動でもポスター抱えながらだったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15の君へ

Dear 千早 お元気ですか? そちらはどんな様子ですか? ボクは今、とある映画のロケで、熱海に来てます 海がとても気持ちいいです 昔、三人で九十九里に行ったときのことを思い出しました あのときもあずささんが迷子になって、大変だったけど(苦笑) 事務所の皆は元気でやってます この前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翼もがれて

「いたぞ!765プロのSUN・Shineだ!」 そう声が上がると、動物の群れのごとく、カメラやマイクを持った集団が向かってくる 「な…!」 いきなりの集団に、SUN・Shineの2人、水瀬伊織と高槻やよいは身動きが取れなくなった 「ちょっと…!いきなり何なのよ!」 伊織ががなりつけるが 「伊織ちゃん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more